最新4話の同人誌「こよみごのみ4」発行!
直前のお話である3話を、2021年10月17日(日)まで無料公開中です。

生粋の陽キャ・元旦と、生真面目苦労人・大晦日を主人公に、
暦と現代の人々の異変に立ち向かう暦日擬人化アクションコメディです。

キャラクター紹介

元旦

人間名:元月朔(もとつきはじめ)
暦日の一人だが、現在はいたって普通の高校生。学校生活が楽しい。

大晦日

人間名:津小守(つごもり)みそか
時守から日巡りの任を受け、仕事を忘れた暦日たちを復活させようとしている。

時守(ときもり)

太陽暦の守人・ヒナタ/太陰暦の守人・ツキミ
時の進行を見守る美しき巫女たち。

第1話 時の歯車
忙しい現代人は暦を顧みることを忘れ、暦の上の「暦日」たちにも異変が。使命を受けた大晦日は元旦の元を訪れるが、元旦もまた暦日としての記憶を失ってしまっていたのだった。

1話はいつでも無料公開中!

(『こよみごのみ総集編一』に収録)

第2話 倦怠ビーム
暦日たちを復活させる「日巡り」の任を受けた元旦と大晦日。最初のターゲットは無職になってしまった勤労感謝の日!人々を襲う「呼闇(コヤミ)」と化した彼に向かっていく二人だが…。

(『こよみごのみ総集編一』に収録)

番外編1 おひさまのゆううつ
僕、元月朔(もとつき はじめ)、高校2年。友達の大晦日(あだ名だよ)から突然「お前は時を回す暦日の一人、元旦だ」って言われて、えっ、だからお弁当が三段重なの!?

(『こよみごのみ総集編一』に収録)

第3話 キラキラコンビ
日巡りを続ける元旦と大晦日だが、二人の考え方には差異があった。そんな中、転校生がやってきて元旦はテンアゲ。一方、大晦日は「時守でも捉えられない暦日の動きがある」との報を受けていた。

4話同人誌発売記念・2021年10月17日(日)まで無料公開

(『こよみごのみ総集編一』に収録)

番外編2 秋
このマンガには、季節感がなさすぎるーーー!!秋といえばスポーツ、食欲、読書…果たして無事に季節ネタができるのか!

(『こよみごのみ総集編一』に収録)

4話 操正夢-くるまさゆめ- 2021/9/20発行
大晦日が去って数日。釈然としないながらも高校生活を送る元旦に救いの手が!?次なる暦日はーー「初夢」!

(『こよみごのみ4』に収録)

こよみごのみ | 作:松浦はこ

同人誌情報

『こよみごのみ総集編一』 イベント価格 1,000円
通販 BOOTH 紙版1,100円/電子版900円


『こよみごのみ4』イベント価格400円
通販 BOOTH 紙版450円/電子版350円


書店 とらのあな 紙版(書店手数料がかかります)
   快適本屋さん 紙版(書店手数料がかかります)