暦擬人化ストーリー漫画(同人誌)が出ました

「時を動かしてるのは暦たちーー しかし現代ではあるべき暦の姿が忘れ去られ、 暦もまた、己の姿を忘れていく。 暦日12/31通称『大晦日』は、暦たちを復活させるために 最強の暦『元旦』の元を訪れるが…

自分から苦労しにいくタイプの大晦日と、
天真爛漫に現代をエンジョイしてる元旦が、この国の危機(?)に挑みます!的なお話。
おおむねコメディとバトルで出来ています。
続き物で、以下続刊予定。

Pixivにて1話が読めます。
https://www.pixiv.net/artworks/79434785

紙版と、電子版がありますのでお好みでどうぞ!
どちらもBOOTHにて取り扱っておりますので
ご興味がある方はぜひご一読くださいませ〜!

こよみごのみ
総集編一

仕様:
ページ数 140P
紙版:A5サイズ・1,100円
電子版:形式 PDF(スマホ閲覧可)・900円
(価格はBOOTHでのものです。イベント・書店委託は価格が変わります)

(支払い手数料・送料は別途ご負担ください)

ご購入

余談

以前描いていた暦日擬人化シリーズのストーリー漫画を
ようやく一冊にまとめました。
以下続刊で、続く!っていうところで終わっているのですが
今後も描いていこうとおもっていますので、よかったら追っかけてくださると嬉しいです!

リアルタイムベースで、小ネタや解説を含んだ『拝啓、暦の上から』は
ツイッターなどWEBの「今起きている感」を大事にした作品で、
創作漫画でフィクションの(といっても舞台は現代)ストーリー漫画『こよみごのみ』は
暦日の擬人化を使って、身近だけど不思議な暦の世界を物語で描けたら〜という試みです。

イベントなども気軽に参加しておりますので、
お見かけの際はどうぞよろしくお願いいたします!